TACの中小企業診断士通信講座

TAC中小企業診断士通信講座

→TAC中小企業診断士通信講座公式サイト

TACの中小企業診断士通信講座の詳細特徴

TACの中小企業診断士通信講座は、格安の通信講座専門の資格スクールと比較すると価格は高いものの、大手スクールならではの豊富なデータや、大勢のレベルの高い講師による万全のカリキュラムで安心して学習を進められる講座です。

TACは、資料請求した際に送られてくるものの内容が充実していることで、ひそかに有名です。試験に役立つコンテンツが豊富にありますので、他の通信講座を申込む予定の方でも、資料請求だけでもしておく価値のある講座です。

また、特に、2次試験の対策講座のレベルは評価が高くて、1次試験は独学で学ばれる方が2次対策のみ受講することも多い通信講座です。

→詳しくはこちら

TAC中小企業診断士通信講座概要

テキスト
オリジナルテキスト(白黒)
動画講義
通信講座専用の録画講義(WEB・DVD ※コースによって異なる)
単科講座の有無
あり
その他 
質問サポート(※コースによって制限回数が異なる)

→公式サイト

TACの中小企業診断士通信講座の詳細レビュー

長年の受験指導ノウハウが活かされた試験傾向対策

TACでは、法改正などはもちろんのこと、受験生の正答率や、その年の試験委員の著書まで分析し、試験傾向をふまえた、TACオリジナルの教材を毎年改訂しています。

1次試験対策の学習カリキュラムでは、試験の7科目を3回転させるTACの培ったメソッドで、自然と合格レベルの知識を定着させることができます。

また、1次試験対策と並行して2次スタートアップ講座を実施することで、早期から2次試験対策に取り組むことで、ストレート合格を狙います。

TACならではの充実したフォロー体制

TACの中小企業診断士通信講座では、「i-support」と呼ばれる専用のインターネットフォローシステムを使い、

  • 質問メール
  • よくある質問(Q&A)集
  • 講座からのお知らせ
  • 掲示版(※受験生同士のコミュニティ)

を利用することができ、通信講座でも受験生と講師、また受験生同士と交流を取りながら学習を進めることができます。

また、通信講座の受講でも実際の教室での講義を受講できる「スクーリング」(※コースごとに回数規定あり)や、無料の自習室の開放や、受験生同士の交流会の定期的な開催など、ひとりで孤独になってしまいがちな通信講座の学習をフォローしてくれます。

TACの中小企業診断士通信講座のスペック

運営

TAC株式会社

コース

【初学者対象コース】
・1・2次ストレート本科生
・1・2次ストレート本科生Plus
・1.5年本科生

【学習経験者対象コース】
・1・2次上級本科生
・2次本科生
・2次演習本科生

※その他、1次、2次のみのコースや単科講座・パック多数

教材

オリジナルテキスト(白黒)
通信講座専用の録画講義(WEB・DVD)

サポート

質問サポートメール(※回数無制限)
インターネットフォローシステム「i-support」
教室講義を受講できるスクーリング
自習室の無料開放

教育訓練給付制度指定講座

・1次本科生
・1・2次ストレート本科生
・2次本科生

→公式サイト

TACの中小企業診断士通信講座まとめ

TACの中小企業診断士通信講座は、学習カリキュラム、教材のクオリティ、手厚い学習フォロー体制とまさにプレミアムクラスの通信講座と言えます。

最近人気の通信講座専門のスクールと比べれば価格はもちろん高いですが、十分その価格に見合う安心の講座です。

また、資料請求した際に送られてくる資料には、中小企業診断士の学習にと役に立つ内容が満載なので、他の講座を受講する予定の方でも資料請求だけでもしておく価値はあるかもしれません。

→TACの中小企業診断士通信講座公式サイト