中小企業診断士試験に短期合格したいなら通信講座が最強な理由

中小企業診断士試験に短期合格したいなら通信講座が最強な理由

このサイトでは中小企業診断士試験へチャレンジするなら、「通信講座」を使うことを激しめにおすすめしています。

なぜならば、管理人自身の経験から、それが短期合格するために最も向いている方法だと確信しているからです。

ここの記事では、他の学習方法と比較して通信講座を使うことでどんなメリットが得られるのかをお伝えしていきます。

独学と比較したメリット

ここでは、いわゆる「独学」とは、書店などでテキストや問題集を入手し、その教材のみを使って自分のペースで学習を進めることと定義します。

このような独学のメリットは、なんといっても教材を買う以外の費用がかからないため、最低限の負担で中小企業診断士試験の学習が進められることです。

とはいえ、それが合格への最短ルートかといえばそうは甘くはありません。

なぜならば、中小企業診断士試験のような難関の国家資格試験に合格するには、教材だけでなく適切な学習戦略に基づいた効率的な勉強をする必要があるからです。

効率的な教材と学習戦略

通信講座で使える教材はテキストだけでなく、それとリンクした動画の講義もあるためインプットの効率性は段違いです。

また、学習のスタート時期に応じた教材の提供によりスケジュール管理も容易です。

独学であれば「自分のペース」で学習を進めることはできますが、長く厳しい受験勉強においてはほとんどの場合それはデメリットにしかなりません。

質問対応の有無

その他にも、学習の過程で出てくるテキストや問題集の解説だけでは解けない疑問も、独学の場合には自分自身でネットなどを使い、調べて答えを探すしかありません。

それには、時間もかかりますし、またその答えが合っているという確信が持てない場合も多いでしょう。

一方、多くの通信講座ではサポート体制の中に質問対応が含まれており、疑問があればプロの講師に質問して、間違いのない答えを容易に得ることができます。

独学の無謀さ

このように、自ずと適切な学習計画に沿って、効率的な教材を使って学習を進められる通信講座が、独学と比較してはるかに有利な学習方法であることは間違いのない事実でしょう。

もし、受験者が全員、いわゆる「独学」で試験に挑戦するのであれば問題はないかもしれませんが、実際には中小企業診断士試験は合格ラインの調整により、合格者数を一定に保つ「競争試験」です。

あえてそのような試験に独学で挑むというのは、通信講座という最新兵器を身にまとった軍隊に、竹槍一本で立ち向かうようなものかもしれません。

通学講座と比べたメリット

一昔前までは、難関資格への挑戦で最も優れた学習法は「通学講座」でした。

しかし、今ではネットの発達によりその優位性はほとんど失われてしまっています。

講義を視聴するのも、時間と場所の制限のある教室講義よりも、パソコンやタブレットを使ってどこでも好きな時に視聴できる通信講座の動画講義の方が、はるかに効率的です。

モチベーションが保ち易い?

あえていえば、勉強仲間が作り易いことや、生の講義の臨場感によりモチベーションが保ち易いことくらいが通学講座のメリットとしてあげられます。

しかし、厳しいようですがそんなことでしかモチベーションを保てない方というのは、ちょっと本気度が足りないかもしれません。

貴重な時間とお金を使って、難関資格試験に挑戦するということは、一種の投資であり、将来よりよい仕事をして人生をより充実されることこそ目的です。

その自分の成長した姿を思い描くことでモチベーションを保つことが王道であり、「お友達作り」や「講師の熱気」のような自分以外の何かにやる気を依存しているようでは、短期合格は難しいと考えます。

なお、「勉強場所が無い」ことを理由に通学講座を選ぶ方もいますが、さまざまなレンタルルームやカフェなどでも十分代替可能ですし、学習全体でいえば、むしろ移動中やスキマ時間などをどれだけうまく使えるかの方が重要でしょう。

このように、通学することによる時間や費用のロスというデメリットと比較すれば、通学講座のメリットは微々たるものといえるでしょう。

まとめ

ここまで見てきたように、中小企業診断士試験で本気で短期合格を狙うのであれば、通信講座一択といっても差し支えないでしょう。

このサイトでも、さまざまな通信講座を比較レビューしていますので、ぜひ参考にしてあなたに最適の通信講座という最強の武器を手にされてくださいね!