中小企業診断士と他の国家資格の勉強時間を比較する!

中小企業診断士の合格に必要な勉強時間は、一般的に約1500時間前後と言われています。

では、この時間数は他のビジネス系や法律系の国家資格と比較した場合、どのような位置づけはなるでしょう。

資格勉強時間合格率
(2015年度)
旧司法試験約10,000時間※1.50%
司法書士約3,000時間3.9%
公認会計士約3,000時間短答式 13.8%
論文式 10.3%
弁理士約3,000時間6.6%
不動産鑑定士約2,000時間短答式 30.6%
論文式 14.2%
税理士約2,000時間18.1%
土地家屋調査士約1,500時間8.8%
中小企業診断士約1,500時間1次26.0%
2次19.1%
社会保険労務士約1,000時間 2.6%
行政書士約700時間13.1%
マンション管理士約600時間8.2%
宅地建物取引士約300時間15.4%

※司法試験は平成20年度より新制度のため平成19年度のデータ

一覧表のように、中小企業診断士は必要な勉強時間で比較すれば、弁護士、司法書士、公認会計士といったトップクラスの国家資格に次ぐグループに入る高難易度の資格ということになります。

ただし、中小企業診断士試験の特徴のひとつとして、人によって合格に必要な学習時間が大幅に異なることがあげられます。

理由は、試験内容がビジネスの現場に直結する内容であるため、ビジネス経験によって有利な科目があること(※特に金融系の仕事の方は財務・会計にアドバンテージ有り)、また、2次試験の内容が論理的思考力を問うものであるため、単なる知識のつめこみだけでは対応しきれないからです。

いずれにせよ、試験のプロのノウハウのつまった通信講座で、効率的な学習をすることが短期合格への近道ですね!